読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ペルー・イキトス】1dayジャングルツアー【アマゾン】


hola hola !

フクイユウです。


数日前に、アマゾンのジャングルを巡る1dayツアーに、参加してきました。

ジャングルの中で寝泊まりする2泊3日のツアーを選ぶ人が多いみたいですが、ツアーによっては3日間シャワー浴びれなかったり、野宿だったりと、過酷なものもあるみたいで、わたしはそこまでジャングルを肌で感じたいわけではなかったので、1日でササっと回るツアーを選びました。

(ツアー会社とか、料金については、1つ前の記事で。)


8:00 ホステルピックアップ

モトタクシー(トゥクトゥク)でお迎えが来て、ボート乗り場へ。

モトを降りると、ガイドのおじさんの後を付いて、市場の中を突っ切って行く。


ボート乗り場。


ボートの中で、しばらく一人で待たされて暇やったから、自撮りして遊んでた。
なんか、他のツアー会社から申し込んだ人たちと上手く出会えなかったみたい。


このツアーは、AMAZON KING LODGEという会社が運行するツアーでした。
わたしが申し込んだツアー会社は、代理店的な感じやったんかな?

このツアー会社で直接申し込んだポーランド人の人たちは200ソレス払ってるらしく、わたしが100しか払ってないことは彼らには言わないようにとガイドに口止めされました。

同じツアーやのにこんなにも変わるのね。怖い。
直接申し込んだ方が高いって何だよ…

9:15 出航

ポーランド人がビールをくれて、乾杯。

ちょっと行ったところで、普通のイルカが見えたらしいけど、わたしは見れなかった。


途中で川の色が黒から茶色に変わる。
茶色のところからが、アマゾン川らしい。


ポーランド人(左)が、ドライバー(右)に変わってボートを操縦し始めた。
自由!!!彼は自分のボートを持ってるそう。

ドライバーの彼、シャイっぽいけど目が合ったら笑ってくれて、かわいかったな〜


ツアー会社のロッジに一旦停まって、小さいボートに乗り換えて、ガイドのおっちゃんの説明を聞きながら、また進んでいく。
鳥とか、木とか、いっぱい教えてくれた。


船から降りて、ジャングルの中を歩き回る。
いつものくせでサンダル履いてきてしまったけど、この日はさすがに靴にしたら良かったと思った。

ハエとかアリに噛みつかれる。これが地味に痛い。

そして噂には聞いてたけど、半端ない蚊の量。
何百匹とかそういうレベル。

オーストラリアのハエ並みにたかってくる。
長袖着て、虫除け使い切る勢いで、定期的にスプレー。

結果噛まれんかったから良かった〜!

ガイドのおっちゃんは何回も来てて慣れてるから、もちろん虫除けクリーム塗りたくってるのかと思いきや、ジャングル出たときの噛まれようえげつなかった…

言ってくれたらスプレー貸したのに…


ジャングルの中。
何の木から忘れてもたけど、これを見に行ったって感じでした。

ターザンロープになりそうな蔦がいっぱい垂れ下がってる。


ターザンやれるところもちゃんとあった。


アマゾンに住むご家族のお宅訪問

アマゾンのジャングルにも、住んでる人はいるし、ちゃんと学校もある。

お家にお邪魔して、芋みたいなやつと、魚をひと口食べさせてもらった。


そして!

驚いたのが!

女の子が、普通にナマケモノ抱いてるーーー!

ついにナマケモノとのご対面。
かわいすぎる…

女の子が昨日拾ってきたナマケモノの赤ちゃんらしい。
夜行性やからか、普段は拾うことはないそう。


何だそのポケモンみたいな世界。

でもレアキャラに出会えて運良かった!

抱っこさせてもらったら、爪が肩とか腕に刺さって、コアラを思い出した。

お気に入りの写真。
ふたりともカワイイ。

かわいすぎて、もう一回抱かせてもらった。

慣れてなさすぎて、抱き方ミスってるけど!
首締めてたつもりはなかった!!


あー癒された。

この家、犬も猫も鳥も飼ってて、猫はまだ子供で、この同じ方向いてるんがカワイイよね。

ちなみにこの女の子、右手に包丁持ってる。
ここの子供たち、全く笑ってくれへんねんな。
でも怒ってるわけではなさそう。


お別れのときも、見送ってはくれるけど一切笑ってなかった!(笑)

でもみんなかわいかったです!

ポーランド人たちがガイドに言われて最後に10ソル払ってたなぁ。
わたしはなぜか何も言われなかった。



そのあとは、ボート持ってるポーランド人の希望で、ボート作ってるとこを少し見学させてもらった。

こんな感じで、寄りたかったり、停まりたかったりしたら、言えば通るし、かなり融通がきくツアーでした。

14:00 お昼ごはん

ロッジに戻ってお昼ごはん。
ビールもジュースもタダで飲めました。

この薄い麺状の野菜は、パルミートって言ってた。


魚のフライがめっちゃ美味しかったです。
焼いたバナナいらんから魚あと5個欲しかった。


泊まりのツアーの人は、ここのロッジに泊まるみたいだったので、しれっと寝室も撮っときました。

清潔感はあんまりないけど、シャワーもトイレもあったし、ジャングルで泊まるにしては快適なんじゃないかな?
水はアマゾン川の水と思うけど!


ご飯食べてるときにめっちゃ雨降ってきたので、止むのを待ってから再出発。

最後は、モンキーアイランド

ここは、サルだけじゃなくていろんな動物が暮らしている島。入島料で5ソレス(約170円)払いました。


島にボート停めた瞬間に、めっちゃサル入ってきて、すぐハイジャックされた。


そして、

この日一番の不幸がわたしの身に…


1匹のサルがわたしの体に登ってきて、、


インカコーラを奪われた!


ショックすぎた。
まだ半分ぐらい残ってたのに…

器用にフタ開けて飲んでました。


まあでも、インカコーラ取ったサル以外の動物はかわいくて、


このオウムは、
「オラオラオラ!」ってスペイン語で挨拶してくれた。


この鳥も、アマゾンっぽい。
(わたしの顔が丸すぎて泣きたい)

ガイドさんが自ら「撮ろうか?」って写真撮ってくれました。





そしてまたおった!

ナマケモノ

さっきの雨で、びっしょびしょ(笑)

これはさすがに抱っこできなかった…

さっきの家で出会っといて良かった!!


帰りのボートは、全員(ガイドまでも)横になって爆睡でした。

実は前日、南京虫が不安であんま寝れてなかってんな。

大きめのボートを数人で使えたのは良かったな。


そして17:00頃?岸に到着。



と、こんな感じのツアーでした。


結局、ピンクイルカは見れず、ピラニア釣りもしませんでした…


ピンクイルカが一番の楽しみやったのにな〜

ま、楽しかったしナマケモノかわいかったからいいや!


レティシアでもピンクイルカ見れるツアーあるか聞いてみようかな…!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ

ナマケモノに会いたくなった人はクリックして応援してくださーい

ありがとうございます!

それでは!