【コロンビア・レティシア11日目】現地人直伝!衝撃のアマゾンの楽しみ方

hola hola !
フクイユウです。


2017年4月9日日曜日、4日前のはなしです。



エディソンたちと楽しい夜を過ごした翌朝、待ち合わせ場所のジョンのレストランへ。

正直眠すぎて行きたくなくなってたけど、日本人のプライドも相まって約束は絶対に破りたくなかった。


8時の集合時間に5分ほど遅れてしまったが、心配はいらなかった。
そのときジョンはまだシャワーを浴びていたし、全員集合したのは40分くらい経ってからだった。

日本人にだけは、目標とする集合時間じゃなくて、実際に集まりだす時間を教えてほしい切実に…


遅れてきた2人は、メデジン出身のゲイのカップルで、なんとわたしと同じホテルだった。
この2人とジョンと、ジョンと一緒に住んでいる人たちと、この日は共に行動するようだ。

これから一体どこへ行くのかよくわからないままに、出発する。


港の方へ向かい、ローカルバスに乗る。
バスの中でひたすら寝るわたしに、隣のジョンは驚いていた。


体感時間で30分くらいのところ(たぶんもっと長い)で、バスを降りた。


今日はアマゾンで1日遊ぶようだ。
現地人も、休日にアマゾンへ行くのか。

ツアーとはまた違う、ジャングルの楽しみ方ができそうな気がして、ワクワクした。


まず向かったのはこのジャングルに住む人たちの家だった。

アサイーを収穫していた。
茎?から実をポロポロ取るのが楽しそうだった。


そのあと、小屋みたいなところに荷物を置く。
カメラは持って行きたかったけど、全部濡れると言われたので諦めて、スマホだけ防水ケースに入れて持ち歩くことにした。

全てのものが濡れてしまうという理由は、このあと判明する。

みんな当たり前のように水着に着替え始めたけど、わたしは水着も替えの服も持ってきてなかったので、どうもできなかった。
着てきた服が濡れてしまうのは、潔く諦めるしかないようだった。
昨日のうちにいろいろと情報を与えといてほしかった…


レンタルした浮き輪を持って、次に向かったのは、トラディショナルなお家。


この中にはかなり怪しげなおじさんがいて、コカや煙草についての話をかれこれ1時間くらい聞いたと思う。
もちろんスペイン語なので全くわからず、新入社員研修を彷彿とさせるような、耐えがたい眠さだった。(耐えれなかった)

コカや煙草も、元は健康のためのモノだったのに、おかしな人が悪用するようになった…という内容だったのではないかと思う。(想像)


説明が終わったら、みんなが順番に、煙草の葉を、鼻にフーっとされていく。

悪いものを綺麗にする効果があるらしいよ、とジョンが教えてくれた。

フィリピンのシキホール島でやってもらった黒魔術並みに胡散臭いと思ったけど、わたしも素直にやってもらった。
めっちゃむせたし、匂いは煙草そのものだったけど、体が良くなるのだからやってもらえて有り難かった。と思わないと…

その次の、コカ(コカインの原料)の粉を飲むやつは、さすがにやめておいた。


最後にみんなでお礼を言って、おじさんと別れる。


ここまでは、言ってしまえば前座みたいなものだ。

ここからが本番。


みんなでアマゾンのジャングルの中を、ひたすら歩く。
トータル1時間くらい歩いたかな。

到着した場所は、川だった。
もちろん、ただ川遊びをするのではない。


なんと、今まで歩いて上流まで上ってきたのを、下りは浮き輪ひとつで川を流れて帰るという…!
これが現地人のワイルドな遊び方。

なんだその発想…面白すぎ。
そりゃ持ち物全部濡れるよな。


川はグネグネ曲がっているので、下って帰るといってもその道のりはかなり長くて、トータル2時間くらい漂流してたと思う。

あまりにもゆっくりなので、途中川から上がって、歩いてショートカットっていうのが2回くらいあった。

まさかジャングルの中を裸足で歩いたり、浮き輪を移動手段にする日が来るとは思わなかった。
もはや新鮮とかいう次元じゃない。
タイムマシンで原始時代にまで遡ったかのような体験だった。


途中、川が2つに分かれているところが何か所かあったり、大きな木が対岸まで倒れててそれをくぐらないといけなかったり、なかなかハードな道のりで、めっちゃ面白かった。

ちなみに、川から陸へ上がるときは、こんな感じでみんな繋がって、先へ流れてしまわないようにする。


泳げないわたしが何の心配もなく、心から楽しめたのは、ジョンのおかげだった。

川を下り続けた2時間くらいの間、ジョンがわたしの浮き輪を離したことは一瞬たりともなかった。

頼もしいし、優しいし、なんて良いやつ… 
エディソンより、彼を好きになった方が、絶対幸せだったのになー。


最終的にわたしたちは、初めに荷物を置いた小屋の目の前まで流れついた。


ご飯を作ってくれて、みんなで食べた。
わたし以外は、全員ベジタリアン

肉や魚を使わないのに、なんでこんなに美味しいのか毎回不思議。



想像していたよりずっと楽しい1日だった。

すごい体験したなー。



明日ボゴタへ移動する予定だったのを、一寸の迷いもなく明後日に延期した。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ