読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【すごーく個人的な話】もうすぐ退職する私が、今の会社でやり残したこと、やりたかったこと。

2016年6月を持ちまして新卒から3年と2か月勤めた会社を退職し、自分のやりたいことに挑戦することを決めました。フクイユウです。

先週直属の上司にこのことを伝え、近々部長との面談があるのですが、いかんせん自分の思いを言葉にするのが苦手なので一旦ここで整理してみます。
(私的使用)

退職する理由



入社当時から言い続けていたことなのですが、海外で働くことが私の学生時代からの夢でした。
(そこそこ大手でグローバルな企業なので頑張れば海外に出れるのではないかと思い入社しました。)

しかし1年程前から社外で人と関わる機会が増え、様々な年齢、職種、考え方の人と接する中で(変な人と少し出会いすぎた)、面白いように自分の中の固定概念が崩れてゆき、私の考え方は一変しました。


社会人になると絶対に働かなければいけないのか???


それまでの私は、学生生活が終われば働くなんてことは大前提の話で、そこに疑問を持つことすらありませんでした。

でも、なんで働いているんだろう?
お金を稼ぐため?
稼いでどうしたいの?

使い途が決まっていないお金を稼ぐことは、20代の貴重な時間の殆どを注ぎ込むほど重要なことなのか???

「今後のために」お金を貯めるよりも、「今」やりたいことがあるならそっちに向かっていく方が有意義だと思いません?

よくよく考えたら海外で働くのが夢って何かおかしくない?結局何がしたいんか分からんし!


要するに、
行ったことないところに行ってみたい、
やったことないことをやってみたい、
見たことないものを見てみたい、
知らないことを学びたい。
という私の人生理念に、海外に行くことは当てはまっても働きたいわけじゃなくね?と気付いたのです。
(働くのが嫌なわけではないけど、働くことが夢ではない)

じゃあどうしたいのか、何がしたいのか。



旅や!

世界一周や!!!


とココに繋がるのです。


ここまで来ると、自然に退職を決意していました。

今の会社でやりたかった2つのこと



前置きが長すぎてすみません。
さっさと進めます。

2.(勝手に)新入社員教育

私が新人の時に教育担当として色々お世話してくださった方がいて、その方とは今は事業所が別々になって仕事での関わりはほぼなくなってしまいましたが、今でもたまーに飲みに連れて行ってくれます。
もうめちゃめちゃ尊敬してるし、会社を辞めることを1番最初(同期の次)に伝えたのもその方です。

いつも気にかけてくれてることに感謝しつつ、
私もその役割を担ってみたかったな、と。


私が勤めている事業所では、現在私が最年少になります。1番年齢が近い先輩でも10歳近く離れています。

去年、新入社員が同じ事業所に配属されました。
年度内に辞めてしまったけれど。

私は、その新人から見て1番年齢が近い存在でありながら、あまり話しかけてあげなかったし気にかけてあげられなかったことを今でも後悔しています。

次に新入社員が入ってきたら自分が教育担当でなくとも仲良くなりたいし、頼りになるかはわからんけど本音を話せるような、相談したいと思ってもらえるような先輩になりたいと思うし、それは自分にとっても会社にとってもプラスになると思う。

(新入社員教育という名の友達づくり)

それが今の会社では叶えられないことがひとつめの心残りです。

2. 会社を変えたかった

先程少し述べたように、うちの会社は若い人が少なくアラフォー世代が多くて考え方が偏っているというか、上司の言うことが絶対!みたいなサラリーマン精神?が根付いているように思います。

悪くないのにとりあえず謝る。
指示されたことをただ言われた通りにやる。

自分の会社や仕事をもっと良くしようと思っている人が少ない。
(個人の見解)

きちんと自分の意思を持った社員は、若い人に多かったように思います。でも何年も同じところで同じことしてる間に、皆もサラリーマンロボのようになっていくんかな〜。


私には会社を変える力がある、とはさすがに思ってないけど、
極力悪いと思った時しか謝らないし、
指示されたことが正しくないと思ったら納得するまでやらないし、
正しいと思うことは相手が上司でも先輩でも言っていいと思ってる。

だから、今の会社で当たり前のようになっているけれど本当はおかしいところを指摘してもっともっと働きやすくなるようにしていきたかった。
(密かに動いている途中でした。)

(うちの会社はミルクチョコトリュフのホワイトチョココーティング。)

(結局すき)

分かった風に生意気なこと言って本当にすみません。
会社の未来は若者達に任せます。

最後に



私にとって初めての、会社という組織。偉そうに言ってしまったけど皆本当に良くしてくれて、(多分唯一の女子で扱い方がわからんかっただけ)私にとっては働きやすく楽しい職場でした。

そして私の直属の上司は、私にとって理想の上司でした。多分仕事が嫌になっても、彼が上司なら辞めないで皆で頑張れるんじゃないかってぐらい。とにかく大好きな上司でした。そんな上司に辞めると伝えるのは本当に心苦しかったし、何か今までの恩を仇で返すような気持ちになりました。

でも、それ以上に自分のやりたいことをやり遂げたい。自分の人生を歩みたい。

そんなこんなで約3年間お世話になった会社を退職する決意をしました。

仕事を辞めて世界一周なんて、考えが甘いと言われるかもしれんけど、今歩いている道の先に、光が見えなかった。

(もっと先に進めば見えたかもしれないし、これまでに見出せなかったのは私が悪いのだけれど。)


今、光を求めて方向転換したところ。


応援して頂けると幸いです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村


ありがとうございました。