【コロンビア・レティシア3日目】イキトスの50倍楽しかったアマゾンツアー。withイケメンガイド

hola hola !
フクイユウです。


レティシア3日目、2017年4月1日のおはなし。



ピンクイルカを見たいがために参加した、2回目のアマゾンツアー。

(↓1回目はペルーのイキトスにて。)
yuf112.hatenablog.com



また、ツアーの予約についてはひとつ前の投稿にて。

yuf112.hatenablog.com




集合時間の7:30AMぴったりにツアー会社に到着。
先に来ていたのは、一組のカップルのみ。
南米だからね。待たされて当然…

8時過ぎくらいにはおそらくこれで全員だろうってくらいの人数が集まった。
予想よりかなり多い。
英語が通じるのがここくらいなので、英語圏はここに集中するのかもしれない。

今日のツアーはわたしを含め8人と聞いていたけど、20人くらいはいた。


突然、係員に呼ばれた。彼の話を要約すると、

人数が多すぎて1つのツアーでは行けない
この中でもわたしだけが1名での参加
別のツアー会社がやってるツアーに移動してほしい
ディスカウント可能
ツアー内容はほぼ同じ


えーーーー…って感じだったけど、断るわけにもいかず、まあいいや、と思い了承した。
ピンクイルカが見れるかだけ確認した。


エディソンというガイドを紹介され、ついていくように言われた。
彼は現在英語を勉強中だと、ツアー会社の人は言ってたけど、余裕で会話できる程度には喋れてる。

英語が通じるガイドになって、むしろ良かったかもしれない。

そして何よりも、エディソンはイケメンだった。



港に到着して、ボートに乗り込む。
ツアー参加者は全部で8人くらいだったと思う。

早速朝食が配られる。

サンドイッチとピーチジュース。
シンプルで美味しかった。


ボートで進んでいる間、エディソンが、鳥の種類とか今日の予定とか、色々と説明をしてくれたけど、わたしはスペイン語がわからないのでぼーっと聞いていた。

説明が終わったとき、エディソンに手招きされ、隣に座るように言われた。そしてわたしにもわかるように英語で説明してくれた。

イケメンな上に優しい!ハッピー!

何の気もなくても、おいでおいでされると何か嬉しいよね。すぐ行く。



まず最初に着いたのが、アマゾン川沿いの、ペルーの町。
市場に入って、色んな魚の説明をしてくれた。

これはピラニア。


次に着いたのが、アマゾン川沿いの、今度はブラジルの町。
レティシアはコロンビアだから、隣り合った2つの国の雰囲気を紹介って感じかな?
ここらへんはパスポートなしで、国境を跨げる。


何かの実。
みんなは買って食べてたけど、フルーツ嫌いのわたしは買わずに見ていたら、エディソンが1つくれた。
恐る恐る食べてみたら、そこまでフルーツ感はなくて、塩をかけて食べたら美味しかった。


次に向かったのは、このツアー会社のロッジ。

確か、その道中だったと思う。


なんと、急に、ピンクイルカが現れたのだ。


1匹だけだったけど、何回か水から出てきてくれた。

想像していたよりもキレイなピンク色。

目で見るのに必死すぎて、写真がないのが残念だけど、めっちゃ感動した。


ピンクのイルカなんて、ドラえもんの映画の世界だけかと思ってた。

まだ午前中なのに、もうこのツアーの目的を達成してしまった。


そしてロッジに着いた。
イキトスのツアー会社のロッジとそれほど大差はなかった。

泊まりのツアーだとここに泊まることになる。
今回も、寝室の写真をしれっと撮っておいた。

こんな感じ。


この後少し、ハンモックで休憩。

ここの子供たちは、アマゾン川で楽しそうに遊んでいる。


するとエディソンが何やらスペイン語で説明し始めて、これからの時間はわたしたちもこのアマゾン川で泳ぐ予定のようだった。

わたしは元々泳ぐつもりはなかったので、水着も持ってきてなかったし、みんなが泳いでいるのを見ていた。


こちらが、某イケメンガイドのエディソン。

みんなの写真を撮っていたら、わたしのことも誘ってくれた。
水着持ってないって言ったら No problem!って。

いやいや問題ありまくりやろ!
さすがにアマゾン川の濁った水で濡れた服を着てアフターヌーンを過ごす勇気はなかった。


それでも「アマゾン川で泳ぐなんてなかなかできないから絶対泳いだ方が良い」「服はすぐに乾くよ」としつこく誘ってくれる。

まあ確かにエディソンの言うことはごもっとも。
次アマゾンに来る日がいつになるのかもわからないし、もしかしたらこれが最初で最後かもしれない。
それに単純に暑いから泳ぎたいっていうのもあったし、そうなると着替え持ってくるべきだったなーと後悔した。


そしたらなんとエディソンが、自分のズボンをわたしに貸してくれるという天使のような気遣い。

そこまでされると断れなくなったので、意を決してわたしも泳ぐことにした。


Tシャツはエディソンの言うとおり、すぐに乾くと思う。
ただ、下着は怪しい。濡れたまま着てたら体冷えてお腹痛くなりそう。


以上の真っ当な理由から、下着は脱いで、エディソンのズボンと自分のTシャツのみで泳ぐことに…

上下黒だったからこそ為せた技。


結果、めっちゃ気持ちよかった!
そして深かった。どれくらい深いのかは濁りすぎてわからないけど。

いやー、暑い日のアマゾン川、最高。エディソン、ありがとう。


そのままお昼ご飯を食べて、着替えて、服を返して、事なきを得た。


ちなみにお昼ご飯はビュッフェ。

魚と野菜がめちゃめちゃ美味しかった。


お昼を食べたら時間は13時。

ラニア釣りの時間。

みんなでカヌーに乗って、茂みの中を進む。


たまにポイントらしき場所で停まって、エディソンが試しに釣ってみるけど、この日はピラニアはいなかったみたいで、わたしたちはできなかった。

1匹だけエディソンが釣ってくれて、それをわたしの目の前に置いてくれた。
写真用にとのこと…

せっかくなので載せておこう。


イキトスのツアーでは、ピラニア釣りに挑戦することすらなくて、
今回は挑戦したけど釣れなかったってことで、少し残念ではあったけど、わたしは満足だった。


ロッジに戻って、また元のボートに乗り換えて、今度はモンキーアイランドへ。

イキトスのツアーでも似たような島に行った。
アマゾン周辺では動物が住みつく島があるのかな。

エディソンが、みんなにバナナを手渡すもんだから、サルたちがみんなに集る。
わたしは大きいサルと凶暴なサルは苦手なので、バナナは誠に勝手ながらお断りした。


なんか鼻が長いやつもいて可愛かった。


サル以外にもアマゾンの動物がたくさん。


アナコンダ
何回やってもなぜかうまく巻けなかった。


そしてまたまたナマケモノ

この表情可愛すぎるでしょ…
15枚くらい撮ったなかの、奇跡の一枚。


あと、世界最大の魚のピラルークの池もあったけど、わたしはナマケモノに夢中すぎてそこらへん一切写真撮ってない。


これにて、この日のツアーは終了。

帰りの景色がめちゃめちゃ綺麗だった。ウユニばりの反射。


そして帰り道では、ふつうの(グレーの)イルカに遭遇!

いっぱいいてめっちゃ楽しかった。



ボートを降りて、最後にエディソンと記念撮影。

この日はこの笑顔に何度癒されたことか…

中盤くらいまで、ゲイ説あるなと思ってたごめん…


彼のおかげで、今回はイキトスでのツアーの何倍も楽しいものになった。ガイドって重要なんだな。


まあ良かったのは彼だけじゃなくて、レティシアのツアーの方がきっちりしてて、予定通りに進められた感じだった。
予約のときも、イキトスのツアー会社みたいに観光客からできるだけぼったくろうとすることもなかったし、どこを取ってもレティシアの方が良かったかな。

イキトスの良かったところを挙げるなら、ガイドが確実に英語を話せるところと、少しだけ安いところと、融通がきくところ。



とにかく、レティシアでもアマゾンツアーに参加して良かった。
なんかはじめ、ディスカウントがどうとか言ってたけど、満足したのでディスカウントは不要だった。



そして実はこのあと、エディソンに、夜ごはんに誘われたよね。

ホテルの名前言ったら、じゃあ7時に迎えに行くねってなったよね。


結局来なかったけどな!!!




彼とは翌日、たまたま会うことになるんですけどね。


にしてもレティシア毎日楽しすぎて、書きたいことがありすぎるので、また更新します。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ


それでは!!!