読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【コロンビア・レティシア8日目】この町にいたらきっと、頭がおかしくなる。


2017年4月6日、きのうのはなし。



ここ数日は夜、日が変わるまでには寝ていたのに、なぜかこの日はなかなか眠れなかった。

パソコンを開いて、他の旅人たちからもらった動画データの中から、あいのりを選ぶ。

懐かしい。中学生の頃にハマってた。
(当時、ただっちが好きだった。)


番組内で出てきた、「親指の恋愛」というワード。
携帯メールのやり取りだけで手軽にできるようになった恋愛のことだ。

ただ、あいのりでは、ラブワゴンに乗る前に携帯を没収されてしまう。

これまでメールで数々の女の子を落としてきたリョウは、直接話して口説くというのが上手くできず、苦戦していた。



自分はどうだったっけ?

思い返せばわたしも、今までの彼氏とは、付き合う前には必ずメールやLINEをしたし、それがなかったら付き合うことになってなかったかも、という恋もあった。


今までわたしがしてきた恋愛は、「親指の恋愛」に近いものだったのかもしれない。


今、アマゾンのジャングルからほど近い田舎町にいるわたしは、「親指の恋愛」を取り上げられてしまっている。


この町に住むエディソンがわたしからのメッセージを見るのは、1日に1,2回、スマホをネットに繋いだときだけ。

まともなやり取りなんてできないし、会う約束もうまくできない。


そもそもエディソンは、わたしに会う気などないのだとも思う。

「オンライン中」なのに返事が来ないのは、そういうことなんだろう。




彼に会ってからというもの、わたしは暇さえあれば彼のことを考えていた。
(そしてわたしは大抵暇だった。)

初めはゲイだと思ってたし、その後もカッコいいけど好きになることはない、と思っていた。
言葉もあまり通じないし、連絡も取れないし、約束は破るし。
真剣に好きになることなんてできない。


今はどうかな。

一緒にいたときは楽しかったと思うし、返事がなくて寂しいし、もっと色んなこと知りたいと思うし、彼に会いたい以外の感情が、ここ最近で湧いた記憶がない。(痛いやつですみません。)

町を歩いてても、彼の姿を探してしまう。

小さい町だから、またすぐ会えると思ってたのにな。


いつの間にか、エディソンの存在は、前より大きくなっていた。

冷静に考えたら、頭の中で彼のことを美化してしまっているだけなのかもしれない。


一緒に夕陽を見たあの夜、彼が自分の唇をチョンチョンと指差し、"kiss me"と言ったときの映像は、少なくとも1384269072回は脳内再生されている。




この町にいたら、頭がおかしくなりそう。


ついにわたしは、レティシアを出る決断をした。



大好きになったこの町を、こんな気持ちで去るのは少し悲しいけど、今はここにいても辛いだけだ。




今日もひとりで夕陽を見に、港まで行った。
帰り道、優しい極悪ブラジル人の彼に会った。
(彼とはなぜかよく会う。)

手を怪我していた。
昨夜、彼を巡って喧嘩しだした女たちを止めたら、切れてしまったらしい。
相変わらず、映画の世界を生きる男だな…


そしてもうここで彼女ができたのか。
モテてモテて仕方がないらしいが、ちゃんと断ってると言っていたので、ただのチャラ男ではないみたいだ。

そんな彼とくだらない話をしていたら、少し楽になった。

どこかの業界ではすごい立場にある彼も、わたしにとってはごく普通の友達だ。

(彼の手をガラスで切ってしまった女の人は、そのことが彼の仲間に知れたらきっと殺されてしまうらしい…!)


ボゴタ行きが決まったら連絡して、と彼は言った。
信用できるドライバーと共に、空港まで送ってくれるそうだ。

最後まで優しい人だな。



夜ごはんは、最近よく通っているローカルなお店で食べた。Hotel Divino Ninoを出てすぐの交差点を右に曲がったところ。

お店の前で焼いてるチョリソー(4000ペソ)が好きで通っていたけれど、具沢山スープとご飯が6000ペソ(約230円)で食べられることが判明したのだ。

ライスの横のおかずは毎日変わるみたいだが、今日はまさかの、ぺっちゃんこにされたバナナだった。

わたしは南米でよくある、バナナを芋みたいに調理してしまう文化が苦手だ。

でもこれは唯一美味しかった。
甘すぎず、酸っぱくもなくて、本当に芋みたいだった。

ライスもただの白ご飯ではなくて、ガーリックライス的な味がついてて美味しい。

スープはお肉や野菜が沢山入ってて、やはり美味しいし、お腹いっぱいになる。

オススメのレストランだ。



色々と思い疲れたわたしは、9時頃には部屋の電気を消した。




明日の朝、ボゴタ行きのフライトを取ることにした。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ