読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【コロンビア・レティシア4日目】おっちゃんと、イケメン。2人のガイドを一人占めしてローカル観光。

hola hola !
フクイユウです。

現在アマゾンのレティシアに滞在中。


↓こちらの続きです。↓
yuf112.hatenablog.com




3日前の2017年4月2日のおはなし。


前日に、一緒に夜ごはん食べに行こって言ってたのに、結局来なかったエディソン。
結構待ってた。1時間半くらい。自分のホテルでやけど。


昨日教えてくれたフェイスブックのアカウントも、そのときWiFi無かったから、あとで申請するねって言ってて、宿でWiFi繋いだら打ってもらった名前が消えてた。

待ち合わせで会えなくて、連絡手段もなくてって、現代では考えられない状況…



ま、彼はわたしのホテル知ってるわけやし、来ないならそれだけのもんやったってこと。

でも彼の身に何かあった可能性も捨てきれない…


なんて色々考えた結果、こんな小さな町ならブラブラ歩いてたらばったり会うかも!と思って朝から出掛けた。

なんとなく、昨日別れた港に向かって歩く。


多分この時間は昨日みたいにツアーガイドしてるんやろなー。

と思いながら、アマゾン川をぼーっと眺める。



そしたら、誰かが話しかけてきた。

知らないおじさん。

スペイン語分からんって言ってるのに、構わずスペイン語で話してくる。
こっちの人はみんなそう。


ふと思い立って、このおじさんにエディソンの写真を見せてみた。


そしたらこのおじさん、エディソンのこと知ってた…
本当に小さい町だな…

もしエディソンのフルネームが分かれば、FBで見つけられる。
駄目元で訊いてみた。

わたし「彼の本名は何て言うの?」

おじさん「Alex Jose *************」




いやおじさんの名前ちゃう!!!


もういいや、あんまりしつこく聞いてもストーカーみたいやし。

とりあえず、このおじさんがアレックスってことだけはわかった。


わたしは、スペイン語ボキャブラリーが無さ過ぎて、簡単な言葉でゆっくり言われたとしても、なお理解できない。
そこで、筆談に切り替えた。

書いてくれればあとはGoogle先生に聞けばいい。


なんとか会話は成立し、アレックスが町を案内してくれようとしていることがわかった。

別にこの後も予定はなかったし、良いおじさんっぽかったので付いてってみることにした。



川沿いを歩いて、鳥の名前を教えてくれたり、屋台に売られているものを紹介してくたり。
大半は、何言ってるかわからなかった。


次は市場へ行った。
入り口で売られていたアサイーのジュースを、アレックスが奢ってくれた。

砂糖と、見た目鳥のエサみたいなやつを入れてくれて、案外美味しかった。
日本で飲んだら高そうなジュースも、南米では気軽に飲めたりする。


そして、めちゃめちゃローカルな道。

リュックにはカメラ、ポケットにはスマホがあるので、慎重に歩いた。足を滑らせたらそこで試合終了。


そして、初めにアレックスと出会った港に戻ってきて、終了。
1時間ちょっとの観光だった。


最後に意を決して、ノートに書いて、彼に見せてみた。

「エディソンの本名、知ってる?」

結局訊いたww


彼も知らなかった。

thanks、アレックス!

最後にセルフィー撮ってお別れしようとしたら、こうなった。



それからホテルに戻ってブログを書いたりインスタ更新したり、なんやかんやで夕方になった。

17時半。


昨日エディソンが見せてくれた、綺麗な夕焼けの写真を思い出した。
今日晴れてるし、見に行ってみようかな。


外に出たら、薄く虹がかかっていた。


急がないと、夕日が沈んでしまう。
ホテルから港までは地味に1kmくらいある。

早歩きで向かう。



いた。


エディソン。



港の近くでたまたまエディソンと出くわした。
本っ当に小さな町だな…

彼もまた急いでいる。


汗だくやしメイクもしてこなかったことを少し後悔した。

わたし「昨日なんで来なかったの?待ってたんやけど。」
日本語では変に気を遣ったり、遠回しに言ってしまうことも、英語なら真っ直ぐに言える。

エディソン「帰って寝て、起きたら11時だった!疲れてたんだ…」


彼がもしも、わたしの彼氏だったなら、まず謝れよ、って思うところだけどなんか、寝てたなら仕方ないなって思えてあっさり許してしまった。
まあ朝から夕方までガイドしたらそら疲れるよな。休憩なんてないし。


エディソン「今からボートで夕陽を見に行くんだけど、Yuも来る?」

(関係ないけど、エディソンがわたしを呼ぶときの、Yuの発音が好きだ。)


彼もまた、夕陽を見に行く途中だった。

1000%行くに決まってる。
あの写真の景色が見れるなら、絶対行く。


エディソンの知り合いのドライバーにボートを出してもらって、エディソンの指示で夕陽スポットへ急ぐ。
さすがはツアーガイド。

エディソンが、わたしをボートの一番先頭に座らせてくれた。


そして、見れた景色がこちら。



綺麗すぎ…

ブログのアップ用に画質を落としてはいるけど、色やフィルターの加工は一切していない。


今まで見たなかで、最高の夕陽だったかもしれない。


沈みきるまでの時間は、本当に一瞬だった。



このあとは、

「Yuはスペイン語をもっと勉強しないと。」

と一緒にビール飲みながらスペイン語と日本語を教えあったり、公園に行ってお寿司食べたり。


日本のクオリティには到底かなわない味だったけど、楽しかった。

わさびがキライなエディソンも可愛かった。


勉強中、前のページを見られて、朝のおじさんと筆談してたときの、エディソンの名前を訊いたやつを見られたときは、死ぬほど恥ずかしかった。

「なんで俺の名前?教えて!教えろ!」

上手く誤魔化したけど。



夜はずっとまあまあ激しい雨が降ってたのが残念だったものの、夕陽の時間に降らなかっただけ幸せだ。


この日もまた、最高の一日になった。
レティシアほんま楽しすぎる。いつになったらここから出られるのだろう。




今度こそ、FBのアカウントをしっかりメモしておいた。



にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ