【ペルー・イキトス】本格的にひとり旅が始まりました。


hola hola !

フクイユウです。



3日前から、共に旅をしていた友人たちとも別れ、本格的にひとり旅が始まりました。


記念すべき、初海外ひとり旅は、ペルーのイキトス。

ここはなんと、バスや電車などの陸路で入ることができない町。

というのも、周りがジャングルに囲まれていて、川から船で入るか、飛行機で空から入るかしか、この町を訪れる方法がないのです。


ということで、南米に入って約2か月。
初めての飛行機での移動。
いやー、楽。


リマにいる間に、わたしより一足先にイキトスに行って帰ってきたゆーすけ君にいろいろ話を聞いて、万全の状態で出発!


お宿桜子からはROMAって書いてあるバス1本で、空港に行けます。(死ぬほど遠回りするので、2時間弱くらいかかる。)


14:45リマ発、17:40イキトス着のスターペルー航空。

夕方に着いて、その日の宿を探して翌日のツアーも申し込むのはちょっと心配やったけど、ゆーすけ君の「余裕」という言葉を信じて…!
(もう1つ前の便は、朝早かったのであっさり断念)


機内で軽食が出たんですが、こんな感じ。

期待しないじゃないですか、ふつう。

チョコケーキの方はまあ見た目通り普通でした。

ところがどっこい!
白いパンのほうがめっちゃ美味しい!

パンはもっちりしてて、中にあっさりしたチーズ的なものが挟まってて、ペルーってこんなにチーズ美味しいん???ってぐらい感動の美味しさやった。
3つくらいお持ち帰りしたかった。


そんな感じで、一回どっかの空港に寄りつつ、時間通りにイキトスに到着。

空港を出たら、タクシーの客引きがすごい。

まだ乗るとも言ってないのに、おっちゃんにバックパック持っていかれる。

タクシーとモトタクシー(トゥクトゥクみたいなん)があって、おっちゃんはモトタクシーのドライバー。

追いかけながら料金を聞いてみたら、15ソレス!
ぼったくり!

急いでバッグ取り返したら、10ソレス10ソレス!ってなって、もうちょい値切りたかったけどそうこうしてるうちに他のドライバーと揉めだしたから、もうおっちゃんに付いてくことに。

わたしを取り合うのはやめて!!!


アルマス広場で降ろしてって言ってるのに、知り合いの旅行代理店兼ホステルに連れていかれる。

イキトスでは、アマゾンのジャングルを巡るツアーに参加する予定だったので、一応ツアーの値段聞いてみたら、
1dayツアーで230ソレス(約7900円)レティシア(サンタローサ)行きのスピードボートが200ソレス(約6900円)

(翌日に1dayツアーに参加して、そのさらに翌日にスピードボートでレティシアへ向かうことにしました。)

安くしてって言ったら、どこかに電話し始めたり、オーナー呼んできて目の前で安くするよう頼み始めたりで、それがなんか小芝居くさくて信用できなかったので、ツアーは150ソレス(約5000円)まで下がったけど、ここはやめた。

ちなみにそこの宿は1泊10ソレスで激安やったけど、部屋見たら汚かったからすぐやめた。
絶対南京虫おるやろ!って感じのベッドやった。


ここに入る前に、モトタクシーには料金払ってたんやけど、店出たらなぜかまだおって、ちゃんとアルマス広場まで乗せてってくれるという。
そこは真面目か!

結局、アルマス広場のすぐ近くの綺麗なホテルの前で降ろされて、そこの料金はプライベートシングルで60ソレスでした。


ゆうすけ君が泊まったって言ってた、Amazon Mad Micks Bunk Houseへ向かってみたけど、場所がよく分からずウロウロしてたら、新たなおっさんが話しかけてきた。

Mad Micksはここやで!って教えてくれたけど、ドア閉まってて、今はおらんらしい。

待ってたら帰ってくると思うから、その間ウチに来て!と。このおっさんも旅行代理店やった。

HUACARI-TOURS-S.A.C.

Mad Micksの隣の隣あたりやったし、わたしもツアー探さなあかんかったから、ここで話を聞いて、結局料金は、
1dayツアーが100ソレス(約3400円)、スピードボートが160ソレス(約5500円)で、両方ピックアップ付。

これでもあっさり値下げに応じてくれたので、ほんまはもっと全然下げれるんやと思う。

初めの店はスピードボートは値下げできないって言われてたし、もう外真っ暗やったし、良いおっさんぽかったからもうここで申し込みました。


(2日後のスピードボート乗船時、なんとこのチケットの原価が判明…)



因みに、わたしがアマゾンツアーに求めたことは4つ。
・英語を話せるガイド
・ピンクイルカ
ナマケモノ
・ピラニアフィッシング

全部1日で、できるそう。



ツアーは申し込んだので、あとは宿を探すだけ。
ツアー会社のおっさんがMad Micksの人に聞いてくれたところ、満室だそう。

おっさんも、わたしの宿が分からないとピックアップのときに困るとのことで、知ってるホステルを教えてくれた。

Amazonian Trips

ここもツアー会社兼ホステルって感じか。
おっさんこのホステルとグルなんかな?と思ったけど、WiFiあるんか聞いたら、「さあ、あるんちゃう?速いかは知らんけど」ぐらいのノリで、無理に推してこなかったので信用した。

4ベッドドミトリー1泊20ソレス(約690円)でした。
WiFiは遅い。
シャワールームは広い。(ホットは出ないけど暑いから大丈夫)


わたし以外には、フランス人の妊婦さんがいて、親切な人だったなぁ。



荷物を置いて、さっそく夜の町へ

イキトスは、完全に観光地の雰囲気で、中心地は夜ひとりで出歩いても安全でした。

子どもたちだけでも歩いてたし、警察も立ってるし。

ただ、メルカドとか屋台が全然なくて、お高いレストランばっかり。
1食25ソレス(約860円)くらいはかかりそうでした。
現地の人どこで食べてるんやろ。


とりあえず、水買いにスーパーに向かう。
アルマス広場から南に3,4ブロックぐらい。


そしたらスーパーの一角にご飯食べるとこがあって、そこが1食10ソレス(約340円)。ここに決めた。

1人になってから気付いたけど、スペイン語で注文するのって、なかなか難しい。

頑張って、「あの人が食べてるんと同じやつ」を頼んだのに、もう無いと言われ、何か食べたことないやつが食べたかったけどメニュー見ただけでは何か全く分からんし、お姉さんが何言ってるかも分からんし、とりあえず「お姉さんオススメのやつで!」。

オススメを頼んで外れたことは、今のところない。
何が来るんかドキドキするけどね。


来たのはコレ。

見た瞬間、これはハズレか!???と思ったよね。
すっごい色。

でも、食べてみたら、美味しかった!
味は表現できんけど、美味しかった!
肉やった!

(翌日、英語できる人に写真見せて、これ何?って聞いてみたけど、「肉やで!」としか言ってもらえんかったので、これは肉、で納得するしかない。)


ご飯食べた帰り道に、クスコあたりからずっと気になってたコレを買ってみた。ペルー最後の町やからラストチャンスかなーと思って。


プリンらしきもの!5ソレス(約170円)


そしてホステルに向かって歩く。

レストランの横を通ったときに、チラッと店内のテレビが見えた。


!???


サッカーやってる!


ここで、リマでの宿、桜子の掲示板に、今日W杯南米予選のペルー対ウルグアイがあると書いてたことを思い出した。

これは観るしかないな…てことで、そのレストランに入ってコーヒーだけ頼んで一番テレビに近い席へ。


(これが想像以上に美味しかった。)

さっき買ったプリンを開けて食べながら観戦。
こんなことができちゃう、イキトスの緩さ。

そしたら気付いた。

前に誰かおるーーー

おっちゃん無銭観戦やん!
よっぽど観たかったんやろーなー。

お店の人も何も言わない。イキトスの緩さ。


試合はまだ始まったばっかで、やっぱりあれですね、現地人と観ると盛り上がりますね。


ハーフタイムで時間が夜10時半ぐらいになって、さすがにホステル戻ったけど、結果ペルーの勝利。

試合出てた中でわたしが知ってた選手は、ウルグアイスアレスだけで、ペルーの選手は誰も知らんかったから、勝手にウルグアイが勝つと内心は思ってたけど、良かった!ペルーが勝って!



ひとり旅初日は、こんな感じで終えました〜。
(ざざっと早送りで書いたので、読みづらいかも…すみません。)


ちょっと寂しくなったけど、自由気ままに動いてます。


アマゾン川のジャングルツアーのことも、書きまーす!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ

↑良かったら1日1クリックで、応援してください!

この前押してみたら2位やってんなー。
1回で良いから1位になってみたいな。

もっと内容あること書いたら上がるかな?



ではではまた!!!