読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼が皆から好かれてる理由をひとつ見つけた話。


最近、私は写真にハマっている。

かわいいモノや変わった建物、綺麗な景色を見ると、ついついカメラを取り出してしまうし、旅行中は食べるモノすべてを写真に収めてしまう。
(そしてその写真のほとんどは、SNSに載せられることなくiPhoneのアルバムの中で、たまに私に覗かれるだけで生涯を終える。)


毎日ミラーレス一眼を持ち歩く私。

そんな私の周りには、私が写真を撮るから自分は撮らなくてもいいや、という人もいる。

全然良い。
私が撮った写真を共有するのは全く問題ない。

むしろ素人の私の写真で良ければ何枚でも捧げたい。


ただ、ひとつ寂しいのは、カメラマンが私ひとりだと、自分の写真が残らないことだ。

気付けば、私が映ってる写真は、集合写真か自撮りのみだったりする。

私はカメラマンとしての付き添いではなく、もちろん皆と同じ立場で来ているので、やっぱり自分が映ってる写真も欲しいし、グループLINEにあげられた写真を見て「これいつ撮ったん!(笑)」とか「何この写真ww」なんて笑いたいとも思う。


小さいと思われるかもしれないけど、そういう気持ちがどこかであったのは事実だ。
むしろ、皆の写真を撮ってばっかりで「自分はいいや。」って人はすごいと思うし、人が良すぎるとも思うし、めちゃくちゃカッコいい。(ひとり知っている。)



やっと本題に入ると、そんな私にとって、あるときのある友人の言動はとても嬉しいものだった。


確か皆でごはんを食べていたときだったと思う。

彼は、唐突にiPhoneのカメラを私に向けて、こう言った。

「いつもゆうちゃん(私)が写真撮ってくれてるから、俺がゆうちゃんの写真撮るわ。」


何気ない一言だったと思う。

そして撮ってくれたのはそのときの一枚だけだったし、その写真は特に上手いわけでもなく普通だった。

でも、その気持ちがすごく嬉しかった。

こういう小さい気遣いを軽々とやってのけるところが、彼が皆から好かれてる理由のひとつだと思う。


念のために言っておくと、
私が皆の写真を撮ってるから、自分も撮ってくれ!と言いたいわけではない。

私が撮りたいから、撮っているだけだ。


でも、自己満足だけじゃなく、人に喜ばれるような写真も撮ってみたいな、と思った。

そして、人の何気ない優しさに気付ける人でありたい、とも思った。



それだけ。
私の周りの良い人自慢でした。



トランジットの待ち時間に、オークランドより。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

それではまた。