読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マレー鉄道でペナン島からクアラルンプールへ】旅慣れが初めて裏目に出た日。

f:id:yuf112:20161127200021j:plain

こんにちは。フクイユウです。キレてないです。

昨日の、私たちの愚かだった話と、感動的だった話を書いてみます。


マレーシアのペナン島から、首都クアラルンプールへ移動!

ペナン島からまずはフェリーでバタワースに戻り、そこからマレー鉄道に乗ってクアラルンプールへ向かいます。

ただ、私たちはまだ、マレー鉄道のチケットを買っていませんでした。
(タイからバタワースに来た時に駅でクアラルンプール行のチケットを買っておけばよかったのですが、すっかり忘れていました。)

一旦バタワースへ川を渡ってチケットを買いに行かないといけないことを面倒に思っていたら、なんとペナン島にもKTM(マレー鉄道)のチケットオフィスがあるという!

私たちは2:00PMくらいにチケットオフィスがある港へ向かいました。

f:id:yuf112:20161126183455j:plain

私「あと30カキフィートや~」




チケットオフィス、閉まってました。(泣)

13時クローズって早すぎない???
(その日によってクローズの時間は変わるようです。)

今回は川を渡らずしてチケットを買うことはできませんでした!

でもいちいち川渡って、また川渡って帰ってきて、今夜また渡るのも面倒だよな~
生粋の怠惰心から、私たちは事前にチケットを購入することなく今夜バタワースへ突撃することに。


ネットで調べると、23時の鉄道があったのでその時間に合わせてペナン島を離れました。
ちなみに、ペナン島-バタワース間のフェリーは1:00AMまで運航しているようです。


こうして9時半ごろにバタワース駅に到着。

ちょっと早すぎたかなー?
なんて言いながら駅の時刻表を見ると、

クアラルンプール行 10:00PM

11:00ちゃうやないかーい

セーフ。早く着いて良かったー。
急いでチケットを買いに2階の売り場へ向かうと、"today to Kuala Lumpur SOLD OUT" の貼り紙。


え???

もしかして今日乗れないの???


窓口にてしっかりと乗れないことを確認。


クアラルンプールへ移動ならず。

ま、売り切れてしまったものは仕方がないので明日の朝か昼の列車で行こうか~と、
明日のチケットを買いたいと伝えると、明日ももう最終の列車しか残っていませんでした…!


今日の学び:クアラルンプール行の列車は人気なので、チケットは早めに買っておこう。

でも明日のチケット買えて良かったー。


そして、まあまあ重大な問題。
急遽クアラルンプール行が中止になったので、今日の宿が無い!
この時点で時間は10:00PM。


バタワースでの土地勘は全くなく、これからまずWi-Fiがある場所を探してそれから宿…というのが無謀なことはさすがの私にも分かったので、とりあえずペナン島へ戻ることに。

そしてこれまでペナン島で泊まっていたホステルが良すぎたので(下記リンク参照)、
yuf112.hatenablog.com

予約はしていないけれども突撃してみることに。


到着し、2ベッド空いているか聞いたのですがfullとのことでした。

レセプションのお兄さんいわく、明日はマラソンがあるから今日はどこの宿もいっぱいだよ!との有り難き情報…

that's why.
これから新しく宿を探すのか…
この時点で夜10時半。…どうしよう!もう寝る時間!

とりあえずこのホステルのWi-Fiを借りて宿探し。
この時間に予約をしても仕方がないので、近くのホステルから片っ端に突撃することに。

thank you!!
とホステルを出ようとしたら、レセプションのお兄さんから一言。

「泊まる宿は決まったの?
もし良かったらダブルルームに泊まっていきなよ。」

と、なんとドミトリーと同じ金額で個室のダブルルームに泊まらせてもらえることに!


お兄さん、神様かなにかかな??



素敵なダブルルームでした。

f:id:yuf112:20161127193932j:plain

その夜はおなかはペコペコでしたが、さすがに申し訳ないのでfreeトーストを食べるのはやめておきました。
(翌朝は遠慮なく4枚いただきました。)


こうして無事に、この夜も柔らかい布団で眠ることができました。

眠るところがあるって幸せなことだな。


最近は旅に慣れてきて、慎重さに欠けていました。
宿もチケットもギリギリに取っていたので、今後はもうちょっと気をつけないと、いつか路頭に迷いそう。



とにかく、予定より1日遅れるけども、大人気のクアラルンプール、楽しみだなー!!


にほんブログ村


ではではまた!